別の88歳男性も中毒死=界面活性剤の成分検出―病院内で連続殺人か・神奈川県警

天敵に異物を混入され中毒死してしまった男性と同じ病院に入院していた別の男性も、同じ症状で死亡したことが分かりました。別の男性が同じように狙われたという事は無差別ということも考えられます。現在この病院に入院している患者は不安な日々を過ごしていることでしょう。寝たきりの生活の中で、何の疑いもなく点滴を受けているだけなのに、そこへ死に至るような成分が入っていると疑い出したらきりがありません。ここは病院と患者との信用問題だと思います。

image

横浜市神奈川区の「大口病院」に入院していた八巻信雄さん(88)が点滴に異物を混入され中毒死した事件で、4階の八巻さんと同じ病室に入院していた横浜市青葉区梅が丘の無職西川惣蔵さん(88)も中毒死していたことが26日、神奈川県警への取材で分かった。

捜査関係者によると、西川さんの体内からも界面活性剤の成分が検出された。県警神奈川署捜査本部は、入院患者2人が連続して殺害されたとみて捜査。点滴の成分や袋の鑑定を進め、混入時期や方法の特定を急ぐ。

八巻さんの殺害を受け、捜査本部は同室の患者のうち、18日に死亡した西川さんと80代男性、20日未明に死亡した90代女性の3人を司法解剖。西川さん以外の2人は、当初の診断通り病死だった。

捜査本部によると、西川さんは13日に入院し、寝たきりの状態で複数の点滴を使用していたが、徐々に体調が悪化し、18日午後7時に死亡。医師が病死と診断した。

20日に死亡した八巻さんの点滴は、17日朝に4階のナースステーションに持ち込まれ、使用日ごとに無施錠の状態で保管されていた。捜査本部は、廃棄された西川さんの点滴袋を回収しており、一緒に保管されていたとみて病院関係者らから事情を聴いている。

シェアする

フォローする