車椅子の男性、43年後に誤診と判明 いまは歩いてカフェにも

筋ジストロフィーと診断された男性は43年間車いす生活を送っていました。しかし最近になってこの男性が筋ジストロフィーではなく筋無力症という筋肉が弱くなる病気だという事が分かりました。43年間もの間誤診によって、自ら歩くことをしなかったのです。この月日はもう戻ってはきません。もちろん筋肉無力症であって、周りの人と同じように歩くことはできなかったかもしれません。それでも自分の足で歩くという貴重な体験を長いことしていなかった後悔は大きいでしょう。今はリハビリを始め自分の足で歩くことをあきらめずに頑張っているようです。

image

【AFP=時事】43年間車椅子の生活を送っていたポルトガル人男性が、後になって誤診が判明し、50代でようやく歩行訓練を始められるようになったと、ポルトガルの新聞が25日に伝えた。

ジョルナル・デ・ノティシアス(Jornal de Noticias)紙によると、同国南東部アランドロアル(Alandroal)に住むルフィーノ・ボレーゴ(Rufino Borrego)さん(61)は13歳の時、リスボン(Lisbon)の病院で筋ジストロフィーと診断され、その後40年以上にわたり、車椅子の生活を余儀なくされた。

ところが2010年、ある神経学者によって、ボレーゴさんが実際に患っているのは筋肉が弱くなる「筋無力症」という別の病気であることが判明。

まれな病気ではあるが、ぜんそく薬での治療が可能なため、ボレーゴさんはこの診断からわずか1年後、近所の行きつけのカフェに歩いて行けるまでになった。同紙によれば、カフェのオーナーは「奇跡と思った」という。

ボレーゴさんは現在、年に2回の理学療法を受ける以外は通常の生活を送っている。

無筋力症は1960年代、医療専門家の間でほとんど知られていなかった。ボレーゴさんはそのことを認識しており、最初に診断した病院に対して不信感は抱いていないと断言。「とにかく人生を満喫したい」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする