年金受給資格期間、10年に短縮=関連法案閣議決定

年金を受給するためには毎月の保険料納付を最低25年おさめていなければならないのですが、この年数を25年から10年に引き下げましょうと言う法案が決定したそうです。もちろん25年と10年の支払期間があれば、受給額も自然と変わってきますが、それでも今まで何もなかったところから支給されるのは嬉しい限りですね。高齢化が進む社会の中で高齢者が働く場所も少ないので、仕事のない生活苦の高齢者が溢れています。この問題をなんとかしなければならないと発起したのが阿部首相です。たまにはいいこともいうものですね。

image

政府は26日の臨時閣議で、年金の受給資格を得るのに必要な保険料納付期間を25年から10年に短縮する関連法案を決定した。

同日開会の臨時国会に提出、成立すれば、来年10月から支給を始める。

新たに約64万人が年金を受け取れるようになる。来年10月に9月分を支給し、それ以降は偶数月に2カ月分を一括支給。予算は年間約650億円を見込む。

年金受給資格の短縮は消費税率の10%への引き上げと同時に実施する予定だったが、引き上げ延期で一時実施が不透明になっていた。安倍晋三首相が7月の会見で「無年金問題は喫緊の課題」と表明し、実現が決まった。

シェアする

フォローする