NASA、木星の衛星エウロパ「驚くべき」発表を予告

木星について新しい発見があったようです。発見というよりもまだまだ予想の範囲内のことのようですが、もしかすると木星を覆っている氷の部分の下には海が存在するのではないかという仮設が立てられました。本当にそれが事実であれば海の中には生物が存在し手いる可能性が高まります。私たちが想像もできない新生物が知らぬ星で存在しているかも、そんな想像をで胸を膨らませています。もしかすると人魚のような生物だって本当に存在するかもしれません、何かの拍子に星の温度が上昇することがあれば、この仮説通り海が地表に現れることも考えらえますね。

image

木星の衛星エウロパの地表断面を、最新の仮説に基づき描いたイラスト。右上は木星、中央奥は木星最大の衛星イオ(2013年3月6日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News拡大写真
【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が捉えた木星の衛星「エウロパ(Europa)」の画像に基づき、26日に「驚くべき」発表を行うと明らかにした。

エウロパは、氷で覆われた表面の下に海があるのではないかと多くの専門家が考えており、そこに何らかの生命が存在する可能性さえある。

NASAはエウロパについてこれまでに「地殻下に生命にとって好条件となり得る液体水の海が存在することを示す有力な証拠がある」と発表している。

今回のNASAの発表は、グリニッジ標準時(GMT)の26日午後6時(日本時間27日午前3時)からの記者会見で行われる。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする