蛇口開けられ4階教室が水浸し、2・3階まで漏る 千葉・八千代の市立中、市内で2件目

学校に侵入し、水道の蛇口を開け教室内を水浸しにするという事件、過去にもこういった事件は何度も起きていますが、後処理を考えると本当に悪質極まりない事件ですね。被害にあった階以外にも下の階まで浸水してしまうので、教職員一同忙しい授業の合間を縫って清掃に当たります。基本的にこういった事件を起こすのは過去に学校に恨みを持っていた元生徒だったりする子が多いのですが、今回の場合も近くで同じような事件が起きているので関連性を調べているようです。腹いせにしても少しいたずらが過ぎますね。

image

25日午前9時ごろ、千葉県八千代市萱田町の市立大和田中学校で、「4階の教室の蛇口が開けられ、水浸しになっている」と同校の男性教頭から八千代署に通報があった。

同署が調べたところ、校舎4階の1年生の教室に設置されている水道の蛇口1カ所が開けられ、水が流れっぱなしの状態になっていた。同署によると、教室の床が水浸しとなり、下の2、3階にまで水が落ちていた。

同署は24日午後9時半から25日午前7時ごろまでの間に何者かが侵入した可能性が高いとみており、建造物侵入容疑で捜査している。

5日には同市立村上中学校でも校舎内の蛇口が開けられ、教室が水浸しになる被害が判明しており、同署が関連を調べている。

シェアする

フォローする