ドコモ、スマホ「頭金」自由設定 販売店裁量で値引きも

携帯電話の販売方法が変わってくるようです。以前までは店頭で支払うお金は一銭もかからないのが当たり前で、月々の使用量と合算して端末台を支払っていましたが、今回この頭金0円というのが問題になったようで、購入者側が頭金の価格を指定できるようになるそうです。その差額分を月々の支払いに分割するという仕組みですね。結局のところ支払う金額は一緒なので、頭金をいくら入れようが入れまいが変わらないような気がするのですが、携帯電話の価格が高くなる一方で、月々の使用量を下げようとする各社の戦略に注目されています。

image

NTTドコモが今年度中にも、スマートフォン購入時の支払い方法を見直すことが24日、分かった。購入者が頭金の金額を自由に決めて残りを分割で支払ったり、販売店の裁量で販売価格を値引きし、残りを分割払いにするなど、柔軟な支払いを可能にする。ドコモは現在、分割払いの総額を機種ごとに実質的に固定しており、頭金の設定や値引きができないようになっている。こうした商慣行について公正取引委員会が「販売価格の拘束」に当たり、独占禁止法に違反する恐れがあると指摘していた。

スマホ購入には一括払いと分割払いがあるが、ほとんどの契約者は分割を利用している。この際、ドコモなどの大手携帯電話会社は機種ごとに分割払いの総額を固定し、毎月の支払額を自動的に決めているケースが多いとされる。

公取委は8月に公表したスマホ販売手法に関する指針の中で、「携帯電話会社が実質的に販売価格を拘束し販売店の自由な価格設定を妨げている」として是正を求めた。

これを受け、ドコモは分割払い総額を販売店の裁量で変えられるように見直し、契約者の希望に応じて頭金を設定したり、販売店が値引きしたりできるようにする。頭金の上限などを現在調整している。

これにより、8万円のスマホの場合、「手持ちの2万円を頭金として払い、残り6万円を分割で支払う」といった消費者の懐事情に応じた購入が可能になる。

一方、KDDIとソフトバンクは、分割払い総額の固定は行っていないとしている。

シェアする

フォローする