高畑淳子、体重6キロ減…裕太と2週間会わず「贖罪」舞台に全力

息子の不祥事で心身ともに疲れ果てた高畑淳子さんは、舞台中心の生活をつづけながら短期間で6キロも体重が落ちてしまったそうです。ダイエットをしている私からしたら、こんなにもうれしいことはないのですが、精神的なショックで減量に成功しても後から必ずリバウンドがくるので、やはり健康的に減量するのが一番ですね。考え事をしていると食べていてもぐんぐん体重が減っていくのは不思議ですよね。きっと内臓もあまり活動していないのでしょう。食べたものがほとんど消化不慮となって出てきてしまっているのかもしれません。

image

息子で俳優の高畑裕太(23)が先月23日に女性に乱暴するなどしたとして逮捕(のち不起訴処分)された女優の高畑淳子(61)が24日、主演舞台「雪まろげ」を東京・シアター1010で開幕させた。「舞台をお見せするのが私の贖罪(しょくざい)」と臨んだ初日。息子の騒動について、観客への説明はなし。カーテンコールでは満員の観衆700人の拍手に、マイクを通さず「ありがとうございました!」と絶叫。唇をかみしめ、涙する一幕もあった。

吹っ切れたかにも映るが、心身の疲労はやはり色濃い。この日は昼夜2公演。所属事務所の関係者によると、合間の楽屋では「食事を取って疲れ果てて横になっていた」。裕太が今月9日に不起訴処分になった後も、舞台を製作する東宝は一切のプロモーション活動ができず、舞台関係者は「座長として、客が入るかをプレッシャーに感じていた」。体重も6キロほど減っていたという。

淳子の所属事務所の社長によると、裕太は現在も、釈放直後に身を寄せた埼玉県内の病院に入院中。淳子は9日夜に病院に泊まって以来、裕太と会わずに過ごした。先月26日の謝罪会見では「舞台をお見せするのが贖罪」とした一方で肉親の情も口にしていたが、社長は「とにかく舞台の稽古を最優先にした。本人もそれどころではなかった」と話した。

シェアする

フォローする