万里の長城、当局の修復で真っ平らに「爆破した方がまし」との声も

中国を代表とする世界遺産である万里の長城が悲惨な姿で修復されてしまいました。劣化が進んでたいのは確かなのかもしれませんが、万里の長城の特徴的な階段や壁の部分が全てコンクリートで固められ、もうこれではもはや万里の長城と呼んでいいものなのかどうかすらも疑問です。どうしてこんなにも粗い工事がされてしまうのでしょうか。これが日本であれば繊細に元の形を再現しながら作っていたはずなのにと思ってしまいます。その国の産物なので、他国が工事など介入できる問題ではないのかもしれませんが、この新しい万里の長城の姿に各国からため息が聞こえてきそうです。

image

【AFP=時事】(写真追加)世界遺産(World Heritage)にも登録されている中国の史跡「万里の長城(Great Wall)」で、700年の歴史を誇る一画が修復作業の結果コンクリートで真っ平らに塗り固められてしまったことが判明し、中国のソーシャルメディア・ユーザーの間で激しい非難が渦巻いている。

問題となっているのは、中国東北部・遼寧(Liaoning)省の小河口(Xiaohekou)に8キロにわたり、大自然の中に手付かずのまま残った城壁が続く区画だ。明(Ming)王朝下で1381年に建設され、「万里の長城」の中でも最も美しい場所として知られている。

インターネットに最近投稿された写真を見ると、修復前には城壁の一部が崩れかけて草木が生え、でこぼこした歩道があったところに、今は白いコンクリートでふたをしたように平らな道が目の届く限り延々と続いている。

「小学校すら卒業していない連中がやった仕事みたいだ」「こんなことなら、いっそ爆破したほうがましだ」。中国の短文投稿サイト「新浪微博(Sina Weibo)」には、こんな怒りの声が巻き起こっている。

国民やメディアの批判を受け、文化財の管理を担当する中国国家文物局(State Administration of Cultural Heritage)は、「深刻な構造上の問題や洪水によって」城壁に「これ以上の損害や崩壊」が起きるのを防ぐため2012年に小河口の緊急保守工事を命じ、2014年に修復を終えたとの説明をウェブサイト上に掲載した。

「万里の長城」をめぐっては昨年夏、明代に建設された部分の約3割が風化や人為的な破壊により消失したと国営紙が報じている。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする