藤原紀香が片岡愛之助と相合い傘挙式 白無垢は友禅

世界遺産にも登録されている京都の上賀茂神社で藤原紀香さんと片岡愛之助さんの挙式が行われました。白むく姿に見慣れた袴姿で現れた二人に、集まってきた観光客が祝福して迎えてくれました。ここで挙式が行われることは完全非公開だったらしく、たまたま居合わせた人々が祝ってくれたという形になりますが、二人の晴れ姿を一眼でも見れた方はラッキーでしたね。紀香さんは二度目の結婚ですが、一度失敗している人は色々と慎重にもなるはず、そうとう好条件でなければ再婚はないと思われていましたが、そうとう愛されていたのでしょう。

image

今年3月に結婚した歌舞伎俳優、片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(45)が23日、京都市北区の賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ=通称・上賀茂神社)で挙式した。愛之助は式を終え「感謝しています」と礼をし、紀香は「ありがとうございます」と頭を下げた。

約1時間、本殿で挙式をし、境内へ現れると、800人近い一般客、80人の報道陣が待ち構えていた。

「おめでとうございます」と各所から2人に声がかかり、満面笑み。紀香の白無垢(むく)姿の感想を聞かれた愛之助は、照れたように笑い、口を「あ、はい…」と動かした。雨も心配されたが晴れ間ものぞき、報道陣からは「晴れてよかったですね」の声も。紀香は両手を天に向け「ほんとに!」と、天候にも感謝した。

式には愛之助の義父の片岡秀太郎、実妹や、紀香の両親ら親族のみ約20人が出席。午前11時すぎ、世界遺産にも認定された神社に愛之助がさした朱色の傘に白無垢姿の紀香が入り、相合い傘でゆっくりと歩を進めて境内へ向かった。鳥居前では足を止め、数秒の間、礼。集まっていた園児らからも「おめでとう」と声が飛ぶと、紀香は足を子どもたちに近づけて、ほほ笑みながら手を振った。

紀香が身を包んだ白無垢は、長年、無垢を手がけてきた友禅作家の作で、愛之助と紀香の名前から「愛と香」をイメージして作られた。うちかけは、愛之助の「追い掛け五枚銀杏」紋から、銀杏の葉を添え、金を添えて制作された。

松竹関係者によると、挙式した上賀茂神社は「きっちりとした式をあげたいと言って、2人が相談して決めた」という。

愛之助は今年7月に大阪市内で取材に対し、挙式を「披露宴とは別の日に神式で行います」と話していた。8月下旬には同市内での座頭公演の会見で「挙式の日取り、場所はもう決まりました」。また紀香も、同月に行われた都内で主演ミュージカルの公開稽古に出席した際「粛々と」準備を進めていると話していた。

今月28日には、2人が結婚会見をした東京・帝国ホテルで披露宴を予定。松竹幹部、多くの歌舞伎俳優や芸能人が招待されている。愛之助はこれまでの取材に、披露宴は「豪華でも長時間でもなく、コンパクトでシンプルなものにします。妻とはけんかすることなく、楽しみながら進めています」と語っている。

2人は、愛之助が昨年8月ごろに交際を申し込み、今年3月にゴールインした。

シェアする

フォローする