かぶれたTシャツ、原因は前処理剤 神奈川SUP大会

最初にこのニュースを見た時に、洋服を着た時のかぶれなんて、少し蕁麻疹のようなものが出ている程度だろうと軽視していましたが、火傷のように酷いかぶれ症状が出ている人が多くいたようで驚きました。洋服の繊維でこれだけ人体に悪影響を与えるものを使用しているなんて考えにくいのですが、化合物の塩化ジデシルジメチルアンモニウムという成分がかぶれの原因だったことを発表しました。被害にあった男性はまだ症状が改善されずに、仕事に復帰できない状態が続いているそうです。見た目以上に精神的にも皮膚のかぶれはやられるので、そういったことも含めて保証していかなければなりませんね。

image

神奈川県茅ケ崎市で開かれたスタンドアップパドルボード(SUP)の国際大会「マイナビ THE JAPAN CUP」で、配られたTシャツを着た選手ら30人以上がかぶれなどの症状を訴えた問題で、大会を主催したNPO法人、スタンドアップパドルユニオンは18日、化合物の塩化ジデシルジメチルアンモニウムが原因だった可能性があると公表した。

Tシャツはユニオンが配った。ユニオンによると、この化合物はロゴマークのプリントに用いた顔料用の前処理剤に含まれる。国際がん研究機関が挙げている発がん性物質には該当しないという。科学技術振興機構のウェブサイト「J―GLOBAL」によると、同化合物は農業用の殺菌剤などに用いられるという。

10、11日に開かれた大会ではTシャツ363枚が配布された。Tシャツを着ていた部分のほとんどがかぶれたという30代の男性は朝日新聞の取材に、「症状が治まらず、まだ職場に復帰できずにいる」と話した。

シェアする

フォローする