松岡修造が神対応 雨で試合開始遅れるも「臨時トークショー」開催

腫れ男の代表として君臨する松岡修造さんが男子テニスの国別対抗戦デビスカップワールドグループ入れ替え戦で雨によって試合の開始時刻が遅れてしまう状況の中で、穴埋めするためにトークショーを開いてくれたようです。彼がいるのに雨が降っている異様な状況にみんな違和感を抱いたでしょう。なぜなら松岡修造が日本にいれば晴れが続くとまで言われているのです。彼が海外に行ってしまうと日本は雨続き、そこまで言われた晴れ人間が、雨の中傘をさしてのトークショーです。しかしやはり太陽は味方に付いていたようでその後雲の影から太陽が顔を出したそうです。観客は持て余した時間を有意義なトークショーで楽しんだことでしょう。

image

男子テニスの国別対抗戦デビスカップワールドグループ入れ替え戦、日本―ウクライナ(大阪・靭テニスセンター)は最終日の18日、あいにくの雨となった。予定の午前11時になっても試合は始まらず、観客は傘を差しながら開始を待った。

そんな中、センターコートに登場したのはWOWOWの解説で来場していた松岡修造氏(48)。スーツ姿で一人、傘を差しながら75分間にわたって“臨時トークショー”を行った。

途中、WOWOW側から「あと5分で打ち合わせがあります」と中断の催促があったものの「ボクは打ち合わせをやらない人間」と居直り、そのままマイクを握り続けた。

今大会の感想やリオデジャネイロ五輪の舞台裏、さらには観客を交えてのトークを繰り広げ、時間を持て余していた関西のファンを大喜びさせた。

シェアする

フォローする