道端アンジェリカ、転倒して右足首骨折し手術へ 18日の関西コレクションはキャンセル

道端アンジェリカといえば三姉妹でモデルを務め、どの姉妹も細く長い美脚が話題となっています。彼女たちの美脚の秘訣を特集した番組もあったほどですが、小さい頃からおばあ様が厳しく、一流のモデルになるために育てられていたそうです。なので正座など足が崩れるような行為は一度もしたことがないそうです。足のために生活して足のための食事をとるような、まさにモデルの鏡ともいえる女性ですね。私生活も遊びに仕事、かなり充実しているようで羨ましい限りですが、このたび大切な足の骨折と会ってファンも心配しています。早くよくなることを祈っています。

image

 モデルの道端アンジェリカ(30)が、転倒が原因で右足首を骨折したことを、17日に更新したインスタグラムで明かした。
アンジェリカは「昨日私の不注意で転んでしまい、足首の脱臼と三果骨折という3か所の骨折をしてしまいました。足首の骨折の中ではかなりの重症だそうです」とのメッセージを掲載。包帯で巻かれた右足の写真をアップすると同時に「その結果、手術を受けなければいけないことになり、しばらくお仕事をお休みしなければなりません」と報告した。三果骨折は、足首の内果、外果、後果の3か所が骨折することで、回復に時間がかかるとされている。
 アンジェリカは18日に京セラドーム大阪(大阪市)で行われる関西コレクションに出演予定だったが、急きょキャンセルとなった。
 アンジェリカは、「楽しみにしてくださっていたファンの方、ならびに関係者、スタッフのみなさまにはたくさんのご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません。関西コレクションの成功を心より祈っています」とつづるとともに、「この度は誠に申し訳ございませんでした。以後、ないように気をつけます」と関係者に謝罪した。

シェアする

フォローする