私にとって、タトゥーは思い出」 LiLiCoが身体に刻んだ人生 「離婚した時には『自由の羽根』」

日本ではまだタトゥに対して世間の目は冷たい環境にありますが、海外ではピアスを開けるのと同じように多くの人が当たり前のように刻んでいます。ファッション感覚であり、思い出を消さないために、記憶として体に刻み込んでいる人もいるでしょう。私が学生の頃に友人が当時付き合っていた人の名前を彫っていましたが、これは確実におすすめしません。いつまで続くかわからない相手の名前は不幸を背負い込むことになるでしょう。結果別れた後に物凄く落ち込んでいました。タレントのLiLiCoさんも色々な思いがあってタトゥを入れているようです。彫ってある絵の思い出を聞くと色々出てきて楽しそうですね。

image

ファッションや伝統文化として、世界中で親しまれている刺青・タトゥー。一方、日本では恐怖感や嫌悪感を抱く人も少なくありません。近年、医師以外がタトゥーを入れることを禁じた医師法による彫り師の摘発が相次ぎ、タトゥーをめぐる議論が活発化しています。タトゥーを愛好するタレントのLiLiCoさんに、思いを聞きました。
「若気の至り」で入れるのは嫌
――最初にタトゥーを入れたのはいつですか。

28歳の頃、右手のハートを友達に入れてもらいました。その友達がド素人だったから、加減がわかってなくて、すごく痛かったですね(笑)。

――意外と遅いですね。

「若気の至り」みたいな感じで、勢いで入れちゃうのは嫌なんです。大人になって、ちゃんと考えてから入れたい。故郷のスウェーデンでは入れている人が結構多くて、子どもの頃からカッコイイなあと思ってました。

ちゃんと彫り師さんに入れてもらったのは、30歳ぐらいの時。手首と肩ですね。それからしばらくなかったんですけど、38歳から42歳にかけて結構入れました。いま、全身で13個ぐらい入ってます。

――タトゥーを入れるキッカケは。

2001年に「王様のブランチ」への出演が決まった時は、ここから羽ばたきたいと思って、希望の羽根を入れました。

太ももに入っているのは、写真家のレスリー・キーさんのサインをタトゥーにしたもの。いつか撮ってもらいたいと夢見続けて、初めて写真集に参加させていただいた時にサインしてくださったのがコレです。

逆に、嫌なことがあって入れることもありますね。恋人にフラれたり、思うように仕事が入ってこなかったり。物理的に痛い思いをすることで、心が癒やされる。頑張ろうか、と思えるんです。

離婚して彫った「自由の羽根」
――タトゥーで負の感情をリセットする?

そうですね。刻み込んで消すという感覚と、刻み込んで覚えおくという感覚と…。恋人にフラれて、チョコをたくさん食べる人もいれば、髪の毛を切る人もいるでしょ。私のなかでは、それがタトゥーなだけ。泣いて、泣いて、ガリガリッと入れてもらって。そこからもう、その男のことは忘れてますね。でも、(胸に手を当てて)ここにはある、っていう。

――たとえるなら、肉体記憶のような。

そう、肉体記憶! あったあった、あんなこと…みたいな。過去の男の人も、まさか私の身体にハートのタトゥーとして現れているとは知るよしもないでしょうけど(笑)。そうそう、この腰の翼は離婚した時に入れたんです。もう、やったー!と思って。「自由の羽根」ですよ。

――どんなところにタトゥーの魅力を感じますか。

タトゥーってすごい芸術。陰の入れ方だったり、色のグラデーションだったり…。スウェーデンのタトゥー・コンベンションに行った時、親子連れが大勢いました。親がたくさんタトゥーを入れていて、子どももタトゥー・シールをしてるんですね。

タトゥーに関して、「親からもらった身体に何をするんだ!」という人もいるけど、私は親からもらった身体をきれいに飾りたい。自分の身体は自分のものですから。

シェアする

フォローする