虐待死の子ども、0歳が6割超 背景に「望まない妊娠」

なんと虐待され死に至った子供の年齢は0才が6割を超えているそうです。0歳というと何の抵抗もできない、ただ泣いているだけのあかちゃんということになります。普通に考えたら一番可愛い時期でもありますが、考え方によってはこちらの意志を聞いてくれることもできなければ、子供の思っていることを言葉にして聞くこともできない、ただ泣いているわが子を前にひたすら泣きやむまで試行錯誤しながら育てなければなりません。育児放棄してしまう母親の多くは、赤子の泣いている声が攻めたてているように聞こえて、思わず口をふさいでしまったという声を聴きます。誰しも一度は目の前の泣いている赤子にうろたえ、一緒になって泣きたいと思った日もあるでしょう。立派な一人の人間に育て上げるのは簡単なことではありません。

image

2014年度中に虐待で亡くなったと確認された18歳未満の子どもは71人で、無理心中を除けば前年度より8人多い44人に上った。そのうち0歳児は27人で初めて6割を超え、15人は生後24時間以内に死亡していた。厚生労働省が16日、児童虐待による死亡事例の検証結果を公表した。

公表は05年から行われ、今回で12回目。14年度中に発生や発覚した子どもの虐待による死亡事例について、自治体からの報告をもとに検証した。

無理心中以外では39人が3歳までに亡くなり、9割近くを占めた。主な加害者は実母が28人と最も多く、次いで実父が3人だった。

亡くなった44人の子どもの実母が抱えていた問題を複数回答で聞くと、「望まない妊娠」が最多の24人で54・5%を占め、過去11回の検証の平均割合(21・7%)を大きく上回った。そのうち19人は0歳児の親だった。妊婦健診を受けていない実母も18人いた。

虐待をした動機を複数回答で聞くと、「子どもの存在の拒否・否定」(14人)、「保護を怠った」(5人)、「しつけのつもり」(4人)などが挙がった。

シェアする

フォローする