歌丸「体重は36キロ」 医師からは遠出禁止令

落語家の桂歌丸さんが「第3回ベストシニア大賞」に参加しているときの写真がアップされていましたが、もともと細い体の印象ですが、体重を聞いてびっくり、なんと現在36キロほどしかないと言います。これは普通であれば栄養失調に入るレベルだと思いますが、高齢という事もありますし、どうしても食事だけでは体を大きくすることはできないのでしょう。同じようなやせ形体系の知人がいますが、病院で栄養失調だと言われ、プロテインを飲むようになってからミルミル体が大きくなりました。飲むだけで動いていないので、お腹周りばかり脂肪がついているようですが、痩せて困っているという人にはプロテインがお勧めです。

image

落語家の桂歌丸(80)が17日、JR有楽町駅前広場で行われた「第3回ベストシニア大賞」の授賞式に出席。車いすで登場し、あいさつ時以外、車イスに乗ったままではあったが、軽快な話術で盛り上げた。現在の体重が36キロで、医師からは遠出を禁止されていることも明かした。

午前11時すぎ。夏の名残の日差しが照りつける屋外でのイベントとあり、「願わくば、日の照る前に終わるのが理想だったんですけど」と笑わせ、「今までの目方は50キロが最高でした。今の体重なんて言えません。36キロだなんて言えないです」とジョーク混じりに話して笑いを誘った。

医者からは40キロを目指すように指導されているというが、「無理ですねえ…。体重計に乗るのがおっかないんですよ」と苦笑いしていた。

イベントには車イスに乗って登場し、あいさつ時だけは立ち上がった。写真撮影時も、セッティングなどの準備に1分ほどかかると、車イスに乗り、1人だけ座ったままで撮影にのぞんだ。

今年5月、第1回から50年間出演してきた日本テレビ系「笑点」を卒業。笑点卒業後の心境をについて聞かれると、「寂しさはないですよ。寂しさどころか、笑点降りたら楽になると思ったのに、忙しくなっちゃって。体が空いたもんだから、落語会をバンバン入れられますので、逆に苦しんでます」と笑顔。地方公演の依頼も多いというが、「呼吸器の病気も持ってるので、医者から遠出は止められてしまって…」と明かした。

歌丸は腸閉塞で今年7月19日から8月5日まで入院。関係者によると、退院時には体重が36キロまで落ちていた。食も細く、「桃の缶詰ならのどを通る」と桃の缶詰を食べ、エネルギー源としていたという。

シェアする

フォローする