ロレアルの縮毛矯正剤で脱毛、米国で10万人が集団訴訟

ロレアルは日本でも有名なメーカーですが、流さないトリートメントはシリーズ化していて色々な種類があって、私も一時器愛用していました。少し価格が高いので今では使っていませんが、その効果は実証済みです。しかし海外で発売された縮毛矯正の薬剤を使用した人から多くの脱毛症状が出たという事で集団訴訟されたようです。今よりもさらに美しい髪を元もていた人にとって、脱毛という症状が出てしまうのはショックですよね。訴えたくなる気持ちもわかります。いつの時代も髪のこととなれば人は敏感に反応するモノです。

image

【AFP=時事】仏化粧品大手「ロレアル(L’Oreal)」がアフリカ系米国人の女性たちを対象に発売した縮毛矯正剤が、「ふんわりと絹のように滑らかな髪」とのうたい文句とは裏腹に脱毛を引き起こしたとして、利用者らが14日、米カリフォルニア(California)州連邦裁判所に集団訴訟を起こした。

問題の縮毛矯正剤は、ロレアルが「ソフトシーン・カーソン(Soft Sheen-Carson)」ブランドから発売した製品。ファッションモデルのシンシア・ベイリー(Cynthia Bailey)さんや、ミシェル・オバマ(Michelle Obama)米大統領夫人のヘアスタイリストとして知られるジョニー・ライト(Johnny Wright)氏など、セレブを宣伝に起用していたとされる。

訴状によると原告団は、この縮毛矯正剤が原因で「脱毛や切れ毛、頭皮の炎症や水膨れ、火傷などの苦痛を伴う不快な症状」が現れたと主張している。原告側代理人のベン・マイセラス(Ben Meiselas)弁護士によると、原告の人数は既に10万人に達している。

過去にマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)さんなど有名人の代理人を務めてきたマイセラス弁護士は、AFPの取材に、賠償額は数億ドルに上る可能性があると指摘した上で、和解交渉には「喜んで」応じる方針を表明。「裁判を回避できるか否かは、ロレアル次第だ」と述べた。

一方のロレアル側は、商品に問題はないと主張している。同社の広報担当者は、「縮毛矯正剤は工業製品だ。説明書に従えば安全に使用できる」と説明した。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする