<100歳以上高齢者>最多6万5692人 46年連続増

医療の技術が進歩すればするほど、私たちの寿命は少しずつ延び、今では100歳を超える長寿者が多く出ています。大切な人がいつまでも元気で長生きしてほしいと願う気持ちはありますが、逆に中間世代が多くの年月を介護の時間に使うことになります。もちろん介護が必要ないくらい元気に長生きしてくれることが一番ですが、一番の働き盛りの年頃に親の介護で疲れ果ててしまう人も多いでしょう。こういったことを考えると長くいきすぎるのもいいことばかりではないのかなと思います。親孝行ができるんだから最高だと言われればそれまでですが、最後の最後で大切な親を怨みながら送り出すことだけはしたくありませんね。

image

厚生労働省は13日、全国の100歳以上の高齢者が昨年より4124人増えて、過去最多の6万5692人になったと発表した。女性が87.6%(5万7525人)を占めた。46年連続の増加となる。医療の進歩などが要因で、今後も増加が続くとみられる。

敬老の日を前に、15日時点で100歳以上となる人数を、都道府県などを通じて1日現在で集計した。最高齢は男性が東京都大田区の吉田正光さんで、1904(明治37)年5月生まれの112歳。女性は鹿児島県喜界町の田島ナビさんで、1900(明治33)年8月生まれの116歳。

人口10万人当たりの100歳以上の人数は全国で51.68人。都道府県別では島根が96.25人で4年連続最多。高知(87.93人)、鳥取(84.84人)と続いた。少なかったのは▽埼玉30.97人▽愛知35.05人▽千葉38.27人--の順。2015年の日本人の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳だった。

今年度100歳を迎える人は3万1747人。厚労省は100歳の記念に、純銀製の銀杯(約7600円)を贈ってきたが、経費節減で、今年度から合金に銀メッキを施したもの(約3800円)に変える。対象者が増え続けているため、税金の使い方をチェックする政府の行政事業レビューで昨年、抜本的改善を求められていた。

贈呈を始めた1963年度は100歳以上の人をすべて合計しても153人だった。【野田武】

シェアする

フォローする