ドコモも「ウルトラパック」で大容量プランに追随 3社出そろう

各社ともに大容量データプランが出そろいました。どこの会社も同じようなサービス内容となっていますが、ドコモは15年以上の継続割とドコモ光に加入している方は最大で3,200円もの割引が適用されるようです。しかし従来のデータパックの新規受け付けが終了してしまうので、使い方によっては今までのプランの継続の方がお得になるかもしれません。またドコモショップの受付が混み合う日が続きそうですね。私もプランの見直しに窓口へ相談しに行きたいのはやまやまなのです重い腰が持ち上がりません。

image

NTTドコモは9月13日、スマートフォン向け料金プランに、大容量のデータ通信が可能な「ウルトラパック」を14日から順次追加すると発表した。個人向けには20Gバイトプランを月額6000円(税別)、30Gバイトプランを同8000円(同)で提供する。

【「ずっとドコモ割」による割り引きも】

大容量プランはソフトバンクが「ギガモンスター」を8日に発表して口火を切り、翌日にはKDDIが「スーパーデジラ」で追随。ドコモの新プランで3社が出そろった形だ。料金や容量など、サービス内容はほぼ横並びとなっている。

ドコモの「ウルトラパック」は、個人向けの「ウルトラデータLパック」(月額6000円/20Gバイト)、「ウルトラデータLLパック」(月額8000円/30Gバイト)と、家族でデータ量を共有できる「ウルトラシェアパック50」(1万6000円/50Gバイト)、「ウルトラシェアパック100」(2万5000円/100Gバイト)──の4プラン。

「ずっとドコモ割」が適用され、15年以上ドコモを利用しているユーザーなら20Gバイトプランを月額5200円で利用できる。「ドコモ光」の契約者なら、「ずっとドコモ割」と合わせ最大3200円の割引になるという。

新プランのスタートに伴い、従来の「データLパック」「シェアパック20」「シェアパック30」は新規受け付けを終了。契約中のユーザーは継続して利用できる。

法人向けに「ウルトラビジネスシェアパック50」「ウルトラビジネスシェアパック100」も提供する。

シェアする

フォローする