妖刀「村正」20振り集結 若い女性も来館 三重・桑名

妖刀というと持ち主すら不幸に突き落してしまいそうな剣のような気がしてきますが、その質は「折れず、曲がらず、よく切れる」ということで多くの人の手に渡ることとなったそうです。昔の武器と言ったら日本は刀が主流でしたが、多くの命をこれで奪ってしまったという事実は変えられません。以前日光にある江戸村という場所へいったのですが、今は亡き日本の昔の世界を再現したような場所で、忍者などを見ることができます。子供や外国人が忍者に憧れてまねごとをするのがよくわかります。そこまで興味のなかった私も一度行って忍者に一目ぼれ寸前でした(笑)

image

時代劇などに「妖刀(ようとう)」として登場する刀剣「村正(むらまさ)」に焦点を当てた特別企画展が10日、三重県桑名市京町の市博物館で始まった。つくり手の村正は桑名を活躍の拠点としており、地元の刀鍛冶(かじ)として注目してもらおうと開いた。市内や県外から集めた村正は約20振りあり、これだけまとめて鑑賞できるのは珍しいという。

展示は、弟子など一派の作となる刀剣や刀装具などを含め計70余点。村正は国宝や重要文化財の指定はなくても知名度が抜群で、年配男性から若い女性まで初日から大勢が訪れた。神奈川県と愛知県の女子大生2人連れはゲームが刀剣鑑賞の入り口となった。「村正は名前を知っていて、ぜひ見たいと思いました」

博物館によると、村正は室町から江戸初期に何代かに渡って活躍した。作風に美濃の流れがあり、現在の岐阜県の出身らしい。「折れず、曲がらず、よく切れる」という質の良さの半面、比較的安価で手に入れられたことに加え、桑名が交通の要所だったため、愛用者が広がったとみられている。

シェアする

フォローする