京都のホテル、改装続々 五輪追い風、外国人取り込みへ

京都は日本を代表する街でもあるので、海外からの観光客が大勢集まります。もちろんその近辺のホテルの来客そうだって外国人観光客がかなりの割合を占めています。このことから2020年のオリンピックに向けて京都のホテルが次々と改装を始めているようです。複数人での宿泊が多い外国人向けに大部屋の数を増設したり、日本らしい和テイストな雰囲気のあるフロアなど色々試行錯誤しているようです。驚いたのは宿泊している客の約5割が外国人だそうです。確かにこれだけ多くの割合を占めているのであれば、ニーズに合わせて改装も必要なのかもしれません。

image

JR京都駅近くのホテルが続々と改装・改築に乗り出している。2020年の東京五輪までに、外国人を中心とした観光客の受け入れ態勢を整えるためだ。グループで宿泊できる部屋を増やしたり、和風の内装を採り入れたりと、ニーズの変化を受けてそのあり方も様変わりしている。

1969年開業のリーガロイヤルホテル京都は8日、2月1日から休館して続けていた全館の改装を終え、営業を再開した。

複数人で旅行する外国人が多いことを意識してシングルルームをなくし、ファミリーやツインの客室を増室。竹林をイメージしたフロアを設けるなど、日本的な雰囲気にしつらえた。

中村雅昭・総支配人は「休館は大きな決断だったが、2020年を見据えると今しかない。これまでのお客さまに加え、外国人の個人旅行者を取り込んでいきたい」と話す。

外国人を意識しているのは、他のホテルも同じだ。

駅北側では京都新阪急ホテルが昨夏、3人で泊まれる部屋の数を4倍に増やし、禁煙ルームも2倍に増やした。いずれも外国人の要望が多かったという。昨年4~6月に約4割だった外国客の比率は、今年8月には5割を超えた。

シェアする

フォローする