極楽とんぼ、15年ぶりライブで感謝と謝罪…加藤「俺は待ってた」

当初初ライブとして予定していた札幌での公演が台風の影響により延期になってしまったので、今回の仙台ライブが実質1回目の公開となりました。10年ぶりのコンビで繰り広げるコントの数々はたくさんの人の心に届いたことでしょう。面白いだけでなく二人の歴史と今までの溝を想像しながら、色々思うことはあると思います。こんなにも相方を想う加藤の愛に触れ、二人を応援していきたいと思った方は多く、たくさんの応援メッセージが届いているようです。少しずつメディアで山本の姿が見られるようになるといいですね。

image

お笑いコンビ・極楽とんぼが10日、宮城県仙台市内で、15年ぶりの単独ライブ「極楽とんぼ 単独ライブ 全国ツアー2016」の仙台公演を行った。

3日に札幌で行う予定だった公演が台風10号の影響で延期となったため、実質的にはこの日が初日公演。山本圭壱(48)が06年7月に不祥事で吉本興業を解雇されて以来、久々のコント披露の場で、今回のツアーのために書き下ろした作品8本を加藤浩次(47)と熱演。“復活舞台”を飾った。

コント終了後のあいさつで、山本は「10年間、いろんな人の力があって、こうして帰ってくることができました。皆さんの応援のおかげです。これからちょっとずつ世に出られるように頑張っていきますので、よろしくお願いします」と頭を下げてファンに感謝と謝罪を口にした。

また、熱狂的な広島ファンの山本は、コントの合間に巨人-広島戦の途中経過をチェック。「今カープが勝ってます。そういうことも、うまい具合に重なってくれている」と、広島の25年ぶりとなる快進撃を自身の復活になぞらえた。

加藤は「こういう場が与えられるのは当たり前じゃないんだぞ。本当にダメなことをしたんだけど…、俺は待ってたんだからな」と感慨深げに話した。またこの日、同ツアーの東京公演が追加されることも発表。追加公演は11月19、20日に東京・恵比寿の「The Garden Hall」で行われる。

シェアする

フォローする