「酒強いほど依存症リスク」9割知らない 内閣府調査

意外とお酒が強い人ほどアルコール依存症に陥りやすいそうです。確かに自分自身でお酒が弱いと分かっていれば、あまり量を飲むこともないので、そこまで体に影響を及ぼさないのかもしれませんが、強ければ強い程、いくらでも飲めてしまうので、気付いた時には体がアルコールがなくては正常ではいられないほどのダメージを受けてしまうのかもしれません。私の知人にも依存症で入院施設に入って治療した方がいますが、今では一滴のお酒も飲みません。少しなら大丈夫という甘い考えが暴力事件などを起こしてしまうきっかけになるので、強い意志が必要になってきます。

image

内閣府は8日、アルコール依存症に関する世論調査の結果を発表した。依存症が疑われる場合について、9割近くが相談の必要性を感じていたが、3割超は具体的な相談先を知らなかった。

調査は7~8月、18歳以上の3千人を対象とし、1816人(60・5%)から回答を得た。政府が5月、飲酒による健康障害を予防する基本計画を閣議決定したことを受けて初めて調べた。厚生労働省の調査によると、全国で109万人が依存症と推定されている。

「依存症が疑われる場合に相談するか」との質問には、「する」が88・1%、「しない」が11・7%。「しない」理由の最多は「必要を感じない」が28・8%だった。

具体的な相談先(複数回答)については、「医療機関」(54・9%)や「保健所などの公的機関」(21・9%)を挙げる人が多く、「断酒会などの自助グループ」は4・4%にとどまり、「具体的には知らない」が33・7%だった。

依存症についての知識はばらつきがあり、「飲酒をコントロールできない精神疾患」と68・5%が認識していたが、「女性の方が短期間で発症する傾向がある」を知っていたのは19・7%、「お酒に強い人ほどなりやすい」は9・8%にとどまった。

相談先などの情報は内閣府ホームページ(https://www.cao.go.jp)で得られる。(寺本大蔵)

シェアする

フォローする