「君の名は。」ファンに注意喚起 聖地巡礼で苦情

映画が大ヒットするのは嬉しいことですが、いいこともあれば悪いことも同時に出てくるもので、映画の中で使われた場所や、イメージの参考にした場所を実際に訪れて、さらに映画の中に入り込みたいという熱狂的なファンはたくさんいます。彼らが昼夜問わずにそういった場所を訪れることにより、騒音やゴミの放置など様々な影響を近隣の住民へと与えています。かなりの苦情も入っているようで、映画の公式サイトからも巡礼のマナーを守るようにコメントが出ているほどです。マナーの守れる日本人という意識を個々が強く持って行動してほしいですね。

image

大ヒット公開中のアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)の関連場所訪問、いわゆる“聖地巡礼”の際はマナーを守るよう公式から注意喚起が行われた。

「君の名は。」は公開から10日で38億円突破というヒットを飛ばしており、早くも聖地巡礼が活発に行われているらしい。ネット上では、劇中で登場したスポットをまとめたサイトがいくつも見られる。

しかし中にはそういった聖地でマナー違反の振る舞いをするファンもいるようだ。映画の公式サイトでは9日、「『君の名は。』関連場所訪問(聖地巡礼)についてのお願い」と題した文章を掲出。「『君の名は。』公開後、本編中に登場する、または関連のある場所へ、多くのファンの皆様にお越しいただいておりますが、近隣の方々より騒音や早朝深夜の訪問に関する苦情を多数いただきました。関連場所への訪問を予定されている皆様におかれましては、節度のある行動、及びマナーに十分心掛けていただきますようお願い申し上げます」とファンに注意を促した。

シェアする

フォローする