「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている

東京都で札処分されている動物たちを東京五輪までにゼロにするという目標を掲げた小池都知事ですが、これはかなり難しい問題だと思います。日本でペットを飼うという日常がある限り、途中で投げ出してしまったり、無責任な飼い主は後を絶ちません。またペットショップでも毎日のように新しい命が誕生して、売残ってしまう成犬もたくさんいるでしょう。ペットショップで働く人に聞くと、どうかペットショップで犬猫を飼わずに、保健所で今まさに殺されてしまいそうになっている犬や猫たちを救い出してほしいと言われます。まさにその通りですね。

image

1年間で751頭を殺処分した東京都。小池百合子知事は2020年の東京五輪までに「ゼロにする」と宣言した。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

「ペットと共生する日本社会をつくる。2020年のオリンピック・パラリンピックという設定をした上で、東京都で、いい例を示せるようにしたい」

東京都は2014年度の1年間で、犬と猫を計1598頭収容し、751頭を殺処分した。これを2020年までにどうやってゼロにするのか。その鍵となるのが、すでに殺処分ゼロを達成している自治体の存在だ。
殺処分ゼロの先輩が語る
BuzzFeed Newsは、犬猫の殺処分ゼロを達成した神奈川県動物保護センター(平塚市)を訪問した。

「殺処分を目的にした施設は、もう必要ないんです」

センターの岩屋修・業務課長(56)は、そう話す。

このセンターは、横浜市や川崎市などを除く神奈川県の28市町村を管轄する。捨てられたり、道に迷ったりして捕獲された犬や猫が運び込まれ、引き取り手がなければ殺処分するのが役目だ。

しかし、2013年に犬の殺処分ゼロを達成し、翌年から犬猫両方の殺処分ゼロを続けている。今年もゼロの見込みだ。

一体、どうやって達成したのか。

死を待つ場所で、猶予は5日間
「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている
5つの房に分かれた地下の飼養管理室拡大写真
その話を進める前に、かつてこの施設で何があったのかに触れる。

路上や公園などで捕獲された犬は、5つの房に分かれた地下の飼養管理室に入れられた。「死を待つ場所」だ。岩屋さんが語る。

「収容されたら、まず右端の房に入れました。1日経つごとに、房のフェンスを左に動かしていたんです。壁が動いて、自然と犬は追いやられ、隣の房に移動します。命の猶予は5日間。飼い主が現れないと、毎日フェンスが動いて、最後の房に行き着きます。そして翌日には、殺処分機に入らされたんです」

1972年に開設されたこのセンターでは、翌年には犬だけで年間2万頭以上が収容された。最後の房に大きさを問わず30頭もの犬が押し込められ、死を待ったという。

シェアする

フォローする