ツキノワグマが人を食べ物と認識…専門家指摘

ツキノワグマは、四人のニンゲンを倒した。ツキノワグマは、ニンゲンの味を覚えた。ツキノワグマは、ニンゲンをエサと認識した。ツキノワグマは、ご飯を食べてお腹が膨れた。本来、自分の身を守るために人間を襲うことがあっても食べることは無いツキノワグマでしたが、今回の件で人間を食べ物と認識しているかもしれないと判明しました。これは、非常に恐ろしい自体であり、これまで以上にクマに気をつけなくてはいけませんね。

20160614_001

秋田県鹿角市の山林で4人が相次いでクマに襲われた事故で、4人目の女性が襲われた現場近くで射殺したクマを県などが13日に解剖したところ、胃の中から人の体の一部が見つかった。

専門家は「本来、人を食べないツキノワグマが、人を食べ物として認識した」と指摘。地元自治体は、山林内でも人を襲ったクマはすぐに駆除するなど、人里での対応に重点を置いてきた従来のクマ対策を見直す検討を始めた。

解剖されたクマは10日、青森県十和田市の女性(当時74歳)が倒れていた鹿角市十和田大湯の現場近くで、猟友会員が射殺した。体長約1メートル30の雌で、年齢は6~7歳。秋田県自然保護課などによると、クマの胃からは大量のタケノコと共に人の肉片なども見つかった。

シェアする

フォローする