足上げ運転「5、6回やった」…新幹線運転士

多くの命を乗せて走る新幹線の運転手が、両足を上げ、ハンドルを握らずに走行していたなんて非常識極まりないことです。その当時の速度は200kmでていたようなので、万が一前方に何かが飛び出してきたり、急なことに対応ができなかったことになります。責任感の意識が低すぎますね。何も知らずに乗っている乗客たちは怒り心頭でしょう。この事態も走行中の新幹線を外から撮影されツイッターなどで上げられたことから発覚した事件です。もしもこのまま誰からも気付かれないでいたら、この運転手は何も感じずに同じ行為を繰り返していたことでしょう。

image

東海道新幹線の男性運転士(29)が運転台に足を投げ出した状態で運転し、JR東海の調査に「過去に5、6回やった」などと話していることが8日、分かった。

同社は「極めて不適切な行為だ」として7日以降、運転士を乗務から外しており、今後処分する方針だ。

発表によると、運転士は6日午後1時55分頃、東京発新大阪行き「こだま653号」(16両編成、乗客約320人)に乗務中、静岡県の掛川―浜松間で運転台に両足を乗せていた。当時、新幹線は時速約200キロで走行していたとみられる。この様子は外から撮影され、ツイッターで公開されたことにより発覚した。

運転士は同社の調査に「楽な姿勢をとるため足を伸ばした。過去に5、6回やった」と説明。6日については「靴を脱いで約10秒間、運転台に足を上げた。その間、(速度を調節する)ハンドルは握っていなかったが、前方は見えていた」と答えたという。

シェアする

フォローする