ディズニーリゾート”大幅改装見直し”の真相

ディズニーリゾート内のアトラクションが大幅に変えられるかもしれません。これまでのアトラクションも何度足を運んでも飽きずに楽しむことができていますが、さらなる新アトラクションに期待で胸が膨らみます。しかし新しいモノを増やすばかりでは場所も限れているので、今まであった物を取り壊して、そこへ作ることになると思います。どのアトラクションが無くなってしまうのかも気になるところですが、アナ雪や美女と野獣など人気の映画の世界が楽しめるようになると更に集客が望めそうですね。チケットの値上がりが一体どこまで行ってしまうのか不安は残りますが、特別な日に行ける特別な場所としては仕方のないことなのかもしれません。

image

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは今春、2020年度に向けた開発計画を発表した。東京ディズニーランドに「美女と野獣」「ベイマックス」などの新アトラクションを開設し、東京ディズニーシーでは映像で空の旅を楽しめるアトラクション「ソアリン(仮称)」を新設する。
しかし、当初予定していたランドのファンタジーランド(白雪姫などのエリア)の大幅リニューアルは見直し。シーのアトラクション「アナと雪の女王」の開設も先送りとなった。開発を見直した真意を上西京一郎社長に聞いた。

この記事の写真を見る

――当初の開発計画を見直した理由とは。

われわれは2014年春に10年後の「ありたい姿」(中期経営ビジョン)を発表した。パークの入園者数は2012年度に2700万人台であり、ファンタジーランドを10年かけて刷新することで、それをフックに継続的に3000万人台のゲストに来ていただけるレベルに持っていこうと考えていた。

しかし入園者数は2013年度に3100万人に増え、その後も3000万人台を維持している。当初の想定を上回っており、収容能力の限界に近づく日も増えていった。そこで、ファンタジーランドの刷新はなるべく短い期間に収め、そのほかのエリアも含めてリニューアルする方向に切り替えた。ゲストの回遊の流れを変えることで(混雑を緩和して)、パークの魅力を高めていきたい。

――なぜ想定より早く入園者数3000万人台の水準を達成できたのか。

いい意味でゲストからの支持が集まったからだが、コト消費ブームの影響もあると思う。今、人を感動させる体験や、気持ちに訴えるものへのニーズが高まっている。そういう状況で、われわれの施設とキャスト(従業員)のホスピタリティに共感いただいているのではないかと思う。

■ 混雑を平準化させたい

――ゲストの回遊をどう変えようとしているのか。

ランドで言えば、エントランスから右側に回り、ファンタジーランドに向かう方と、左側のアドベンチャーランドやウエスタンランドに回る方とのバランスを図りたい(マップ参照)。ファンタジーランド以外のエリアにも着手してパーク全体の魅力を上げていきたい。 回遊だけではない。ゲストの満足度を上げるため、季節によって異なるパークの混雑も平準化させたい。今は第2四半期(7~9月)、第3四半期(10~12月)の入園者数は高水準だが、第1四半期(4~6月)、第4四半期(1~3月)は伸びしろがある。

第1四半期には「ディズニー・イースター」のイベント効果が出ており、第4四半期にも「アナと雪の女王」のイベントが集客に効いているが、まだ足りない。今後もイベントやチケットの価格戦略などで、さらなる平準化を図っていく。

アナ雪はどうなるのか?
――ファンタジーランドは「イッツ・ア・スモールワールド」や「白雪姫と七人のこびと」など、開業時からのアトラクションも多い。そうした定番も含め刷新する予定だったのか。

次世代に向けて変えていこうという気はあった。そのうえで、ファンタジーランドには新たに「ふしぎの国のアリス」のアトラクションをつくろうというイメージを持っていた。ただし、われわれは装置産業なので、いっぺんに改装工事に入ると収容人数が下がる。バランスをとって工事しなければいけない。

今回はトゥモローランドの「グランドサーキット・レースウェイ」を閉鎖し、その跡地に、より収容人数を上げられる「美女と野獣」のアトラクションを造ることにした。「ふしぎの国のアリス」については、今は白紙の状態だ。

「イッツ・ア・スモールワールド」など定番アトラクションについては、開業から33年が経過しており、どうすべきか検討している。一度にはリニューアルできないが、足元のプロジェクトとは別枠で考えていく。

■ 「アナ雪」の設置は本社エリアも選択肢に

――ディズニーシーの「アナと雪の女王」を先送りした理由は。

もともとシーの奥側にあるロストリバーデルタの場所に、アナ雪をテーマとしたアトラクション新設を検討していた。しかしスペースが足りそうになく、もう少し広いエリアで開発できないかという話になり、計画を見直すことにした。

今、どの場所ならできるかを検討している。シーの北側にあるオリエンタルランド本社のエリアについては、事務部門を新浦安のオフィスに移しており、その他のバックヤードの整理が終われば、(新アトラクション設置エリアとして)選択肢にはなる。ただし、今すぐシーの拡張プランがあるわけではない。用地をどう確保するかはしっかり考える。

――4月に大人1日7400円へと入園パスポートを500円値上げした。客足への影響は。

大きく影響が出ていることはない。価格は消費者のマインドに最も影響するが、今回は上げられると判断した。価格のゴールを置いているわけではない。一番はパークの魅力を上げること。ゲストが価値を感じてくれたと確信できれば、次の価格戦略を検討していく。


――インバウンド客はどう取り込むのか。

インバウンド客は非常に大事なポイントだと思っている。今は来園者の94%が日本人だが、今後少子高齢化の影響は避けられない。そのために重要なことの一つがリピーターを増やすこと。もう一つがインバウンドの集客だ。とはいっても、海外で大々的にPRすることは難しい。大きく投資しても、やり方を間違うと効果につながらない可能性もある。

今はランド、シーでも外国人客が増えている。何より大切なのは、満足度を高めることだ。今はそういう方に楽しんでいただくために、語学対策などを講じている。旅行代理店と組んで外国人客の誘致も手掛けている。

■ 沖縄進出はあるのか? ないのか?

――大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が好調だ。6月には上海ディズニーリゾートも開園した。集客に影響はあるのか。

SJも上海ディズニーリゾートも入園者は高水準だが、うちも3000万人台のお客様に来ていただいており、市場が広がっているということだと思う。もちろん競争はあるが、お互いにいいものを作れば、さらに市場は広がるはずだ。

上海ディズニーリゾートについても魅力のあるパークであることに間違いはない。だからこそ、そこで楽しいと思ってもらえば、東京ディズニーリゾートにも行ってみたいと思っていただけるのではないか。

――昨年末、沖縄県宜野湾市から進出を要請されたが、進捗状況は?

まったくの白紙。確かに正式に要望は受けたが、ただボールを受け取った状態。「Go」とも「Not Go」とも言える状況ではない。

シェアする

フォローする