違反バス、罰金1億円に=軽井沢事故受け罰則強化―国交省

多くの命を乗せて走るバスの運転手が、違反的な長時間運転や、休憩をはさまない長距離運転、または持病を隠して薬を服用しながらの運転など、無責任な運転手による事故が目立っています。万が一の事故の際には被害にあう人数も多いので、その責任は重大です。今後はバスの違反に対して罰金が一億円に引き上げられたようです。それだけの覚悟をもって運転をしてほしいという事ですが、もしも1件でも違反があれば会社ごとつぶれてしまいそうなほど高額な罰金ですね。

image

国土交通省は6日、1月に長野県軽井沢町で起きたスキーバス事故を踏まえ、貸し切りバス事業者に対する罰則を強化する方針を固めた。

道路運送法違反の個人には懲役刑を新たに導入するほか、法人に対する罰金の上限を1億円へ大幅に引き上げる。同改正案を26日召集予定の臨時国会に提出する。

現行法は、違反点数が高い場合に出される安全確保命令に従わない場合、個人、法人ともに「100万円以下の罰金」を科している。改正案は、違反者に「1年以下の懲役または150万円以下の罰金」を命じる上、法人に対しては「1億円以下の罰金」とし、違反への抑止力を高める。

また、貸し切りバスの事業許可に更新制を導入する。約5年ごとに社内の管理体制や経営状況を確認する方針だ。

さらに、許可を取り消された事業者が再度参入できるようになるまでの「欠格期間」を2年から5年に延長。この他、行政処分から逃れるため監査後すぐに廃業する悪質な事業者への対策として、休廃業する際に事後の届け出を認めず、30日前までに届け出る制度に改める。

シェアする

フォローする