小波風



子犬の様な頼りない眼差しに惹かれるも内面は案外タフだったりします。

高騰下落にお肉行きって最悪レベルで人間に弄ばれてる犬種ですね。しかも中国のブームは本気で欲望オンリーなので、生息地を金の力で無理矢理離されたかれらが如何程の苦痛を背負ったか想像するのも難儀なほどです。もとよりブームに欲求は絡まるものですけど、非人道的な流れがあるなら先進国はどこかでストップが来ます。それが盛り上がりによって我を失うのがあちら。だから8億とか馬鹿げた額まで高騰してしまうってわけです。まあ内容の大小が違うだけなのでスケールを変えれば日本人の人のこと言えませんけど。


中国の不幸過ぎるペット「チベット犬」 投機マネーで8億円→急落し肉食用に…

 中国で絶大な人気を誇った犬「チベタン・マスティフ」が、ペットブームの浮き沈みに振り回されています。一時、数百万~数千万元(数千万円~数億円)の値段で取引されていた人気犬でしたが、今は値段が暴落。困った業者が肉食用に転売するケースも報じられています。ブームの影には、投機マネーも絡んでいるようです。

チンギス・ハーンが戦争に使った犬

 チベタン・マスティフは中国チベット高原が原産の超大型犬で、チベット犬とも呼ばれています。

 体重は100キロを超え、ライオンのようなたてがみが特徴です。獰猛(どうもう)な性格ですが、飼い主への忠誠心が強く、番犬や猟犬などとして飼われてきました。

 その勇敢さから、かつてチンギス・ハーンが3万匹のチベット犬の軍団を連れて西征し、多くの勝利を勝ち取ったと言われています。

犬1匹で8億円!

 チベタン・マスティフは数が少なく、また飼育するには餌代など高額な費用がかかります。そのため、長い間、チベット地方では僧侶や「農奴主」と呼ばれる支配階層しか飼い主になれませんでした。

 中でも赤茶色のチベット犬は、その毛の色がチベット族の僧侶「ラマ」の服の色と同じであるため、とくに重宝され、一般人が飼ってはいけないと言われていました。

 貴重な存在であることから、中国が経済成長した2000年以降、都市部でチベット犬のブームが起こりました。値段はどんどん上がり、最も高い時は、4000万元(8億円)という記録も残っています。

慣れない環境、犠牲者も

 チベット犬のブームによって、中国各地の都市部で養犬場が作られました。しかし、都市部の環境はチベット犬にとって、住みやすい場所とは言えませんでした。

 本来の生息エリアである高原と違って、都市部の多くは海岸部です。深い毛には寄生虫が繁殖し、皮膚病にかかるケースが続出しました。

 また、広大なチベット高原と違って都市部では十分な散歩するスペースがなく、マンションの一室、あるいは狭い庭に鎖で縛られる生活は大きなストレスになりました。

 主人を守る気持ちとストレスが重なった結果、チベット犬が街で人にかみ付く事件が多発しました。2013年6月には、遼寧省の3歳半の少女がかみ付かれ、死亡。様々な「不幸」が重なりチベット犬の人気にかげりが出ます。

投機マネー、生態系に影響も

 近年、中国では、生姜、豆類、ニンニク、砂糖、プアール茶など、様々なものに投機マネーが流れ込み、価格が乱高下しています。

 たとえば砂糖の場合、2010年ごろから急な高騰を見せ、砂糖に元々は皇帝の称号である「高宗」をつけ「糖高宗」と呼ばれるほどになりました。

 ところが、2014年にまた値段が暴落し、関連企業の多くが赤字に。同じように、生姜・豆なども値段高騰の時に「姜一軍」などのニックネームがつけられ、その後、暴落しました。

 砂糖や生姜、豆などと違ってチベット犬は生き物です。チベット犬は、雪豹のような大きな肉食動物も群れで襲います。「果殻網」の記事で専門家は、チベット犬が野犬化することで、野生動物の生態系に大きな影響を及ぼす可能性があると指摘しています。

 人間の都合による安易な繁殖と、その後の野犬化が、自然環境にも影響を与えかねない事態になっています。

シェアする

フォローする