<首相>リオ五輪マリオ仮装フル活用 G20各国首脳に好評

リオの閉会式で行われた日本のパフォーマンスは各国で好評で、安部マリオの人気と認知度が一気に高まりました。一番は日本の総理大臣ってそんなこともやるんだ、という驚きの声もありました。確かに同じ国民である私からしても阿部さんて、そういうキャラクターだっけという違和感はありましたが、砕けた感じで親しみやすい印象を残したと思います。別の場面でも阿部マリオを使ってフル活用している様子の阿部さん。本当にこれを考えた人はすごいですね。

image

【杭州・影山哲也】中国・杭州で4、5両日に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、安倍晋三首相がリオデジャネイロ五輪の閉会式で人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のマリオに扮(ふん)して登場した演出が話題になった。日本政府高官によると、各国首脳らから「非常に高いパフォーマンス」と評価する声が寄せられたほか、「親子の会話のきっかけになった」と謝意が示される場面もあった。

首相に感謝を伝えたのは世界銀行のキム総裁。キム氏は首相に歩み寄り、「思春期で全然口をきいてくれない16歳の息子が閉会式をテレビで見て、『安倍首相はクールだ(格好いい)』と言ったので、自分が『親しい友人だ』と説明したら親子の会話ができるようになった」とのエピソードを紹介したという。

このほか、首脳会議の合間に、多くの首脳が「ミスターマリオ」「安倍マリオ」と首相に声を掛けた。

首相は5日夜の内外記者会見で、「この半月で地球2周分を移動し、積極的な外交を展開している。マリオのように土管でワープできれば一瞬だが、そういうわけにもいかない」と言及。国内には「五輪の政治利用」との批判が一部にあるものの、「マリオ」ネタをフル活用している。

シェアする

フォローする