ミニバン床下の「密室」から移民4人救出 スペイン・メリリャ

バンの床下から4人の男女が押し詰められているのを発見しました。彼らは移民で国を移るために乗り込んだようですが、体を動かすスペースもなく、足などは浮腫みすぐに救急搬送しなければならないくらい重症だったようです。まさに命がけの行動ですが、ここまでさせるほど国の情勢がよくないという事ですね。普通だったら車の床下に入ろうという発想すらないと思いますが、彼らにとってはそこまで追い詰められていたという事です。まだまだ内戦の続く国もありますが、過去の過ちを繰り返さず学習して、より良い平和な国作りを世界中が気付ければいいですね。

image

【AFP=時事】モロッコと接するスペインの海外領土メリリャ(Melilla)の国境検問所で4日、アフリカからの移民の若者4人がミニバンの床下の空間に押し込められているのが見つかり、警察に保護された。この日の気温は30度近くまで上がっていたが、4人がいた場所には換気装置も付いていなかったという。

スペインの警察当局の5日の発表によると、警官らが不審な車両を捜索したところ、フロントシートの床下の「換気装置も付いていない上げ底の密閉空間」で男女4人がひしめき合っていた。女性はフランス語で「助けて。ここから出してほしい。怖い。足がむくんで、感覚が全然ない」と叫んでいたという。

その後、消防隊員らがチェーンソーなどを使って救出。4人は当時「体調をひどく崩し」、治療が必要な状態だったが、現在は回復しているという。保護されたのはギニア出身の男性3人とコンゴ出身の女性1人で、いずれも21~27歳。警察はミニバンの運転手と、同乗していたモロッコ人の男1人を逮捕した。

メリリャは、欧州連合(EU)加盟国であるスペインがアフリカに領有する飛び地。このメリリャともう一つの海外領のセウタ(Ceuta)にはここ数年、欧州でのより良い生活を求めてスペインに入国しようとする移民がアフリカ諸国から殺到しており、当局が警備を厳重化している。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする