「アメトーーク!」週2回放送 家族向けに日曜ゴールデン進出

深夜枠で人気のバラエティ番組“アメトーク”が家族向けのゴールデンとして週2回放送されることが分かりました。いつも録画していて見ていた番組で、深夜枠でたまに下ネタなども入っていましたが、これをファミリー層向けにもみてもらえるような内容で届けてくれるようです。どちらの番組も違った内容で楽しくなりそうですね。司会者を務める雨上がり決したりの二人には過酷な仕事量になるか知れませんが、是非頑張ってもらいところです。

image

テレビ朝日の人気バラエティー番組「アメトーーク!」が10月から週2回放送されることが決まった。

現在放送中の番組(木曜後11・15~0・15)はそのまま同じ時間帯で続け、さらに日曜のゴールデンタイムに進出(後6・57~7・58)。新たな放送について加地倫三ゼネラルプロデューサーは「子供が“見たい!”と思うような番組を作りたい」と、家族向け番組での視聴者拡大を目指す。

雨上がり決死隊の宮迫博之(46)と蛍原徹(48)が司会を務め、ひな壇に芸人が並ぶ形式は日曜の番組も同じ。深夜では「絵心ない芸人」「運動神経悪い芸人」などテーマ別にトークを展開する企画が人気だが、同局の関係者は「例えば日曜はテーマを“ドラえもん芸人”にするなど子供も楽しめる内容になるのでは」と話している。

日曜の同時間帯では日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」がトップを走る。日テレに続いて視聴率2位のテレビ朝日は突破口として、深夜の放送ながら平均11・5%の高視聴率を続ける「アメトーーク!」に白羽の矢を立てた。

バラエティー番組の週2回放送は、同局では2010年7月、「シルシルミシル」(水曜後11・15)を「シルシルミシルさんデー」(日曜後7・00)としてゴールデンに進出させて以来の試み。

宮迫は週2回の放送に「正直しんどい。でも、お金(出演料)の方も少し良くなるでしょう。家族一同喜んでいます」とジョーク交じりに意欲を示した。

シェアする

フォローする