「こち亀」終了 秋本治氏が説明「両さんらしく40周年のお祭りが引き際」

小さいころから当たり前のように存在した「こち亀」が突然いなくなってしまうなんて想像もできません。もう40年の歴史あるアニメだったのですね。それは生活の中に定着していてもおかしくないはずです。派出所勤務の両さんの日常を映画いた漫画ですが、その日常は波乱万丈で、毎回一話限りの短編の話でしたが、どれも同じようなものはなく飽きずに楽しませてくれました。こんな両さんの毎日がもうこれから見れなくなるなんて悲しいです。次回のジャンプはどんな最終話を迎えるのでしょうか。普段読まないのですが、こればかりは気になるので必ず見てみたいと思います。

image

連載40周年を迎えた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、17日発売の「週刊少年ジャンプ42号」40集英社)で、最終回を迎えることが3日、分かった。作者の秋本治氏(63)が東京・神田明神で、絵巻奉納式後に会見して発表。1976年9月に連載がスタートした物語の幕を閉じることになり、秋本氏は「(主人公の)両さんはお祭りが大好き。両さんの引き際として、40周年を祝われてスッと消えるのが大団円」と決断理由を明かした。

コミックの累計発行部数は1億5000万部以上で、17日には最終回も収録した200巻も、少年ジャンプと同時発売される。「計算上は2016年に200巻と思ってましたが、現実的になって、終わるかどうか悩みながら、結構迷ってました。この機会を逃すと、両さん的に中途半端になる。おめでたいときに終わるのが1番」と感慨深げに、言葉をつないだ。

最終回は、コミック収録分のみのカウントで1960話となり、週刊連載ながら休載は1度もなかった。漫画界の“鉄人”は、「両さんのキャラクターが描いていて面白い。どんな素材でも自由自在に動いてくれたので」と長寿連載の秘けつを語っていた。

シェアする

フォローする