元キンコメ”高橋健一被告に懲役3年を求刑

人は見かけによらないとよく言いますが、彼はまさにそんな男だったのではないでしょうか。傍から見たら特に何の特徴もなく当たり障りない存在でしたが、お笑い芸人として活動しながら、陰では女子高生の制服を盗むという事件を起こしてしまいました。学生の頃のコンプレックスが原因だったようですが、何が理由だったとしても今後芸能活動は難しいのではないでしょうか。こういった変態をメディアが迎え入れるのは厳しいし、何より彼自身のお笑いとしてのセンスもなかったように思います。

image

元お笑い芸人の男に懲役3年を求刑です。

元お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一被告(45)はおととしから去年にかけて、東京都内の4つの高校に侵入し、女子生徒のブレザーなどを盗んだ罪に問われています。高橋被告は2日の被告人質問で、動機について「中学時代にいじめに遭い、制服にコンプレックスがあった」「仕事で相方の足を引っ張っているように感じ、収入も減って悩んでいた」と述べました。検察側は「自己の性欲を満たすための身勝手な犯行」「手慣れており、常習性は顕著である」として懲役3年を求刑しました。

奴隷売買、公式に認める=178年ぶり謝罪―米名門大

【ニューヨーク時事】ワシントンの米名門私大ジョージタウン大は、1838年に運営母体のカトリック・イエズス会が、所有していた黒人奴隷272人を大学の財政難解消のために売却するなど、奴隷制と関わったことを公式に認めた。

デジョイア学長は1日の演説で謝罪するとともに、該当する奴隷の子孫らに入学で便宜を図るなど和解策を実施する方針を表明した。

学長は「奴隷制に加担したことを認めなければならない」と述べた上で、謝罪した。報道によれば、米国ではハーバード大など十数大学が奴隷制への関与を認めているが、入学に際し優遇措置が施されれば異例という。

学長は昨年9月、学内外の有識者でつくる作業グループを設置。グループが最近、歴史的事実や勧告を明記した報告書をまとめていた。

それによればイエズス会は当時、メリーランド州で大規模農園を運営し、奴隷を働かせていた。1789年にジョージタウン大を設立。農園の収益を大学運営に充てたが十分ではなく、不足分を補うため奴隷の売却を繰り返した。

1838年の売却は最大規模で、子供や女性も含まれていた。売った先はルイジアナ州の農園で、現在の価値で約330万ドル(約3億4000万円)の利益を得たと推計されている。272人は既に特定されている。

シェアする

フォローする