エアバッグ圧迫女児死亡事故 母親に有罪判決

運転中の事故で助手席に乗せていた次女をエアバックの圧により圧迫死させてしまった母親に有罪判決がくだったそうです。子供は後部座席にチャイルドシートの上に座らせることが義務化されています。これを怠ったとしての判決ですが、ちょっと近場だからという気のゆるみが、こういった大きな死亡事故にまでつながることがあります。もしもこの時子供を後ろの席にきちんと座らせていたらと考えると、この母親も後悔の念に駆られているとでしょう。救うことができた命を自分の気の緩みで失ってしまったのです。

今年2月、大阪市東住吉区で車の助手席に乗っていた3歳の女の子がエアバッグで胸を圧迫され死亡した事故で、運転していた母親に執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。

過失運転致死などの罪に問われていたのは、堺市の無職・高木詩帆被告(30)です。判決によりますと、高木被告は今年2月、大阪市東住吉区で車を運転中に脇見をして、電柱に衝突、助手席に座っていた次女(当時3)の胸をエアバッグで圧迫し死亡させるなどしました。1日の判決で大阪地裁は「短距離の運転に油断し、後部座席でチャイルドシートに乗せる配慮を欠くなど責任は重い」とした上で「償いの弁を述べ他に養育すべき長女がいることなどから、社会で更生する機会を与えるのが相当」として、高木被告に懲役2年、執行猶予3年を言い渡しました。

シェアする

フォローする