マクドナルド、低価格の400円ランチ投入 12日から平日昼間限定

不景気の波でサラリーマンが昼食代にかける費用も年々下がっています。ワンコインランチと言って話題になりましたが、このたびマクドナルドでは400円でハンバーガーと飲み物のセットが注文できるランチを新たに始めるようです。といっても男性であればハンバーガー1つではあまりお腹が膨れないと思うので、この商品の売れ行きも怪しいような気がします。これにプラスサイドメニューを追加したセット方が需要がありそうですね。どれにしても今までよりも数十円値下がりしたようなので、消費者にとっては嬉しいことですね。

image

日本マクドナルドは2日、平日昼間限定で低価格なランチメニューを9月12日から全国の店舗(一部店舗を除く)で発売する、と発表した。400円からと手頃な価格に抑え、集客につなげる狙いだ。

新しいセットメニュー「バリューランチ」の提供時間は午前10時30分~午後2時まで。ハンバーガー「ビッグマック」もしくは「チキンフィレオ」と好きなドリンクのセット価格「コンビ」は400円で、それぞれ単品で買うよりも50~80円安くなるという。

また、「ダブルチーズバーガー」など3種類のハンバーガーから好みの1つと、サイドメニュー、ドリンクのセット価格「バリューセット」は550円。従来のセット価格に比べて70円安くなる。

シェアする

フォローする