NHK建て替え費用1700億円 渋谷の放送センター

NHKの建て替えに1700億円もの費用がつぎ込まれるようですが、これだけの資産があるのなら、受信料の徴収なんてやめて他の戦略を考えて欲しいモノです。多くの不祥事を出してしまった今、素直に受信料を払うという市民も少ないと思います。老朽化であれば補修は仕方のないことだと思いますが、一からの建て替えとなるとなんだか無駄遣いのようにも思えます。徴収スタッフの人材だって雇っている訳ですから、人件費もバカになりません。こういうところで節約していけばもう少し受信料を安く抑えることもできるような気がします。

image

NHKは30日、東京・渋谷の放送センターの建て替え計画が固まり、建設費は約1700億円になると発表した。2020年の東京五輪後に着工し、現在の敷地に地上18階建ての「制作事務棟」(高さ約90メートル)など三つのビルを順次、建設する。36年までにすべての工期を終える予定という。

30日の経営委員会で了承された。新放送センターの延べ床面積は計約27万平方メートルで、現在より約4万平方メートル広くなる。スタジオなどが入る制作事務棟のほか、報道部門が入る「情報棟」(地上9階建て、高さ約40メートル)や展示施設などが入る「公開棟」(同4階建て、同約20メートル)を建設する。

建設費は、11年から積み立てを始め、15年度末現在で約1627億円の残高がある「建設積立資産」などをあてる。NHKホールについては建て替えず、補修しながら現在の建物を使用するという。

シェアする

フォローする