アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?

アマゾンが新たに開始した電子書籍読み放題のサービス、「Kindle(キンドル) Unlimited(アンリミテッド)」。当初の予定よりも遥かに利用者が多く、サービスが正常に機能しないようですね。一部人気の作品をラインナップから削除するという対処法を撮っているようですが、これに月額契約をしている利用者が黙っているとは思えません。人気の作品も読み放題だからという理由で契約しているにもかかわらず、削除されて契約金も据え置きでは納得いかないでしょうね。

image

今月3日にスタートした通販大手アマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービスで、人気のある漫画や写真集などがラインアップから外れ始めた。サービス開始に合わせて多くの書籍をそろえようとしたアマゾンが、出版社に配分する利用料を年内に限って上乗せして支払う契約を締結。しかし想定以上の利用が続いて負担に耐えきれなくなり、利用が多い人気本をラインアップから外し始めたとみられる。

同サービス「Kindle(キンドル) Unlimited(アンリミテッド)」は、洋書約120万冊のほか、国内の数百の出版社と契約を結び、小説やビジネス書、雑誌、漫画など和書計約12万冊が月980円(税込み)で読み放題になるとしてスタート。電子書籍のダウンロード数に応じて出版社に利用料の一部を配分するとした。

複数の出版社によると、アマゾンは一部の出版社を対象に、年内に限って規定の配分に上乗せして利用料を支払う契約を結び、書籍の提供を促したという。

ところが、サービス開始から1週間ほどで漫画やグラビア系の写真集など人気の高い本が読み放題サービスのラインアップから外れ始め、アマゾン側から「想定以上のダウンロードがあり、出版社に支払う予算が不足した」「このままではビジネスの継続が困難」などの説明があったとしている。アマゾン側は会員数を公表していない。

シェアする

フォローする