市主催なのに「理由調査中」? 急きょ中止の印西花火大会

千葉県で予定されていた「印西花火大会」が当日の開始時間を40分過ぎてから中止が発表されたようです。この花火を見るたびにご近所はもちろん、遠いところからはるばる車を走らせてきている来場者もいるわけです。どうしてもっと早く中止の発表ができなかったのか、もしくは中止にしても納得いく説明ができないのか、市民からの不満が爆発寸前です。中止をした正式な理由の発表もないままの千葉県側が現在調査中という返答だったようですが、悪天候でもなく、強風だったわけでもない、こんなに突然に中止することが他の理由で納得いく説明ができるのでしょうか。

image

千葉県印西市が27日夜に利根川河川敷で開催予定だった「印西花火大会」が当日急きょ中止となり、市民から市の対応を疑問視する声が上がっている。開始時間から約40分もたって中止が発表された上、中止の正式な理由説明が3日後の30日になっても行われていないためだ。何らかの理由があって中止を決めたはずだが、市は中止理由について「現在調査中」との不可解な回答を繰り返している。

市制施行20周年を記念し、15年ぶりに“復活”するはずだった同大会。事業費4千万円を投じ、8800発を打ち上げる計画で、市は約6万人の動員を見込んでいた。

当日は、開始時間の午後7時半を過ぎても花火がなかなか打ち上がらず、大勢の観客が集まった会場は不穏な空気に。午後8時過ぎ、大会本部から中止がアナウンスされると、「なぜ中止の発表がこんなに遅いのか」「中止の理由が分からない」と客の不満が噴出した。

大会は市主催で、中止の決定も市が行ったが、市のホームページに27日夜に掲載された「花火大会の中止について」の告知には、理由の言及はなかった。

市の担当者は取材に「中止理由は現在調査中」と回答。当時は雨が時折降る天候だったが、その影響を聞くと、「天候が理由となったかどうかも含めて調査している」と述べるにとどまった。

隣接市の八千代市では同じ27日夜、4年ぶりとなる花火大会が予定通り行われている。

シェアする

フォローする