麻薬常習者は「人間ではない」 比大統領、超法規的殺人を正当化

フィリピンの大統領であるロドリゴ・ドゥテルテ氏は、麻薬常習者を人間ではないと話しているそうです。確かに麻薬常習者が多くの事件にかかわってしまっていることは確かなことです。しかし人間だれしも気の迷いや、弱い心に漬け込まれてしまうこともあるでしょう。気が付いたらその場から逃げだせなくなっている状態で、いつの間にか人間としても扱ってもらえなくなるというのはどうなのでしょうか。常習者をまともな状態に戻すための施設を充実させるなどの対処が必要だと思います。どんな麻薬常習犯にも背景にはその人を大切に思う家族もいるはず。その人たちからしたら人間ではないという発言に悲しみを受けていることでしょう。

image

【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が、自身の推進する容赦ない犯罪撲滅作戦で大量の死者が出ていることについて、麻薬常習者は「人間ではない」と示唆して正当化していたことが分かった。

フィリピンでは5月の大統領選でドゥテルテ氏が当選して以降、既に約2000人が殺害されており、国連(UN)は同国の人権状況に対する懸念を表明している。

しかし、ドゥテルテ大統領は26日夜に軍の駐屯地を視察した際、兵士らに向かって「人道に対する罪だって? はっきり言えば、そもそも、やつらは人間なんだろうか? 人間の定義とは何だ?」と語っていたことが後に公開された演説原稿から明らかになった。

ドゥテルテ大統領はさらに「人権? 脳みそがあるなら、正しい文脈で適切にこの言葉を使え。人を殺さずに戦争ができるか」と豪語し、多くの麻薬常用者は更生など到底できない連中だと主張した。さらに、国連をあざけり「私を刑務所に入れたいのか? あのばか者たちは、生きたまま私を捕らえられるとでも思っているのか。おお神よ、われわれは共に地獄に落ちるだろう」などと述べた。

これに先立ち、潘基文(バン・キムン、Ban Ki-moon)国連事務総長や複数の国連関係者は、ドゥテルテ大統領が超法規的処刑を支持しているとして非難していた。また、人権問題に関する国連特別報告者のアグネス・カラマード(Agnes Callamard)氏は今月、ドゥテルテ大統領の命令は「国際法に照らし合わせると、暴力、殺人、犯罪を誘因する行為だ」と指摘している。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする