「おそ松さん」舞台にイヤミ、チビ太、トト子、

おそ松さんが舞台化されることにより、登場するサブメンバーが発表されました。サブと言ってもアニメの中では主役急に登場する頻度が高いので、どの程度再現されているのか気になりましたが、まさにアニメの中から飛び出してきたかのような最高の出来。6つ子が大好きな女の子のキャラクターである“トド子ちゃん”なんて、何の違和感も感じさせないクオリティに驚きました。これは舞台での演技が気になるところですが、見た目が原作にかなり近い分、演技で相当な器量をみせなければギャップにやられてしまう可能性もあるので要注意です。

image

大人気アニメ「おそ松さん」を舞台化する「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」にイヤミ、チビ太、トト子、ハタ坊が登場することが明らかになった。イヤミを村田充、チビ太をKimeru、トト子を酒井蘭、ハタ坊を原勇弥が演じることが発表され、併せてインパクト抜群のビジュアルもお披露目された。

本作は、赤塚不二夫さんの生誕80周年を記念して2015年10月より放送されたテレビアニメ「おそ松さん」(2016年3月放送終了)初の舞台化作品。大人になってもマイペースにニート生活を謳歌する6つ子たちの日常を描いたギャグコメディーを原作に、ダメな大人に成長した6つ子たちがステージ上でも大暴れする。6つ子のおそ松を高崎翔太、カラ松を柏木佑介、チョロ松を植田圭輔、一松を北村諒、十四松を小澤廉、トド松を赤澤遼太郎が演じる。

今回、新たに、イヤミ役に舞台「弱虫ペダル」御堂筋翔など個性的な役どころもこなす村田充、チビ太役に舞台界で実力派としてその名を知られるKimeru、トト子役に少女から大人まで幅広い役柄を表現できる酒井蘭、ハタ坊役に映画やドラマでも活躍する注目の若手・原勇弥が抜擢されたことが明かされた。先日には、6つ子のイケメンバージョンである“F6”の登場も発表されており、個性豊かな面々が繰り広げる舞台ならではの展開に期待が高まる。

気になるストーリーは、舞台のために書き下ろされた、完全オリジナルの新作。ふざけたり、喧嘩したり、時にはアツく語り合ったり……? いつもと変わらない、6つ子たちの1日が描かれる。さらに、劇中でキャスト陣によるオリジナル曲のライブパフォーマンスが行われることも決定。「おそ松さん」の世界観にぴったりのポップな楽曲になるという。(編集部・小山美咲)
「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」は大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて9月29日~10月3日、東京・Zeppブルーシアター六本木にて10月13日~23日まで上演

シェアする

フォローする