小西まりえ

小さい頃は母の実家である祖父母の家に行くのが楽しみでした。知らない家に入れることでなんだか冒険に来ているようなワクワクした気持ちになって、お泊りができる日は特別な日でした。いつからか思春期になると行きたくないなんて言ったりして、あの頃の自分に祖父母が元気で生きていることの幸せを教えてやりたいです。本当に幸せに囲まれているうちは、その幸せに気付けないと言いますが、本当ですね。

image

久しぶりに実家に帰ってきたら、大きく成長した妹が出迎えてくれた。

image

しばらく見ないうちに鼻水を垂らしていた妹もこんなにも大人っぽくなっていた。

image

未だに“お兄ちゃん”と呼んでくれるので、そのフレーズにドキッとする。

image

発育途上ではあるが、もう立派な女だ。そんな薄いキャミソールワンピース一枚でふらつかれると困る。

image

パンツを履かない癖は、いくつになっても直っていないようだ。

シェアする

フォローする