客でにぎわう表参道ヒルズで男性が転落死 自殺か

大勢の人がにぎわう表参道ヒルズで男性が転落死したようです。事件当時はたまたま通行客などがいなく、けが人はでなかったそうですが、これだけ多くの人が集まる場所で転落死し巻き添えがなかったことが奇跡です。自殺の方向で捜査がすすんでいるようですが、なぜ人目に付くところを最後の死に場所に選ぶのでしょうか。よく電車に飛び込む自殺もそうですが、多くの人に目について迷惑を掛けながらの死を選ぶという事は、生前にそうとう他人が嫌いになるような出来事があったのかなと思ってしまいます。それにしても残された家族のことを思うと胸が痛みます。

image

東京・渋谷区の表参道ヒルズで、男性が2階から吹き抜け部分に転落して死亡しました。自殺とみられています。

27日正午すぎ、表参道ヒルズの吹き抜けになっている部分で、50代の男性が2階から約13メートル下の地下2階の階段部分に転落しました。男性は心肺停止の状態で搬送されましたが、その後、死亡しました。警視庁などによりますと、現場は吹き抜け部分を囲んで各階に店舗が並んでいるエリアで、当時は買い物客でにぎわっていましたが、男性が落ちた場所の周りに人はおらず、けが人はいませんでした。警視庁は、男性が自殺を図ったとみて調べています。

シェアする

フォローする