ジカウイルス、症状出ない男性から性交渉で女性に感染 米CDC

ジカウイルスに感染しても症状が出ない人もいるのですね。こういったタイプの方が気付かずに帰国し、その後性交渉があるとそこから感染してしまうようです。感染したパートナーが出て初めてジカウイルスを持って帰国したことが判明。このパターンで広まっていくとすると結構な感染者が出ると思うのですが、いったいどのように対策するのでしょう。健康な方一人一人に感染の有無を調べる検査をしなければならなくなるかもしれませんね。手っ取り早いのは性交渉の時にはコンドームを装着することを義務化することですね。

image

【AFP=時事】米疾病対策センター(CDC)は26日、旅行先でジカウイルスに感染したものの症状が出なかった男性が、帰国後に性行為を通じて女性に感染させた同国で初めての例を確認したと発表した。

男性はメリーランド(Maryland)州在住で、今年初めにドミニカ共和国へ旅行した際に感染したとみられているが、帰国時にはジカ熱の症状はなかった。しかし、男性の帰国後16日目にパートナーの女性がジカ熱を発症した。その間、カップルはコンドームを使用しない性交渉の機会を2回もっており、それにより男性から女性に感染したとみられる。

同州の保健当局は6月にこの報告を受け、女性は検査の結果ジカウイルスの陽性反応が出ている。女性はジカ熱を発症する前の2週間以内にこの男性以外とは性交渉をもっておらず、また輸血も臓器移植も受けていない。

男性は帰国から29日後に検査を受けたが、その結果は「最近何らかのフラビウイルス科のウイルスに感染した痕跡」があるというものだった。フラビウイルス科にはジカウイルスの他、デングウイルスやウエストナイルウイルスも含まれる。また31日目に男性から採取された精液からは、ジカウイルスは検出されなかった。男性は唯一の症状として多少の疲労感があると話したが、それは旅行のせいだとみなしていた。

今回の感染例はジカウイルスの感染リスクがこれまで考えられていたよりもかなり大きいことを示唆しており、ジカ熱流行地域に渡航した人々の中でどういった状況下の人がその後の性交渉の際にコンドームを使用すべきなのか、またその期間などについて、勧告をいっそう厳格化することにつながるだろうとCDCは述べている。ジカ熱はウイルスに感染しても約80%は症状が出ない。【翻訳編集】 AFPBB News

シェアする

フォローする