全身麻酔の女性患者に…医師がわいせつ行為か

全身麻酔をかけ、まだ体の自由がきかない患者に対してわいせつな行為をした医者が逮捕されました。これがAVの企画とかだったら興奮するのかもしれませんが、現実にこういった問題が起こってしまうなんて恐ろしいですね。意識はあってすべての状況を知りながらも何もできない状況で暴行されるなんて怖すぎます。しかしこの医師も顔を見られて手いるにも関わらず後先考えずに行動したという事でしょうか。のちに警察に捕まることは容易に想像できたことだと思いますが、欲求が先走って何も考えられなかったのかもしれませんね。

image

麻酔で体が動かせない患者にわいせつ行為を行ったということです。

外科医の関根進容疑者(40)は5月、東京・足立区の病院で、30代の女性患者にわいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、女性は全身麻酔を伴う手術を受けた直後で、意識はあるものの体が自由に動かせない状態でした。関根容疑者は、その後も病室を訪れて再びわいせつな行為を行っていました。関根容疑者は容疑を否認しています。

シェアする

フォローする