「ポケモンGO」初の死亡事故、39歳男逮捕=運転中プレー、女性はねる―徳島県警

遂にこの日本でも心配されていたポケモンGOでの死亡事故が起きてしまいました。海外での事故を知っていたので必ず日本でも同じような事故が起こることは予想されていましたが、こうして何も悪いことをしてない一般の市民が、ゲームに夢中になっていたという理由でひき殺されてしまうのはなんだか悔しいですね。走行中の車の中で目線を下に向けながら運転していたら前方の視界が悪くなるのは当然です。これは誰でも予測できたことなのに、どうして運転しているところでゲームなどできるのでしょう。もう少し車という危険なものを扱っているという自覚が必要だと思います。

image

23日午後7時25分ごろ、徳島市方上町の県道で女性2人が車にはねられる事故があり、病院に搬送されたが1人が死亡、1人が重傷を負った。

徳島県警徳島東署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、運転していた農業五王敬治容疑者(39)=同市南二軒屋町=を現行犯逮捕した。県警によると五王容疑者は、スマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」をしながら運転し、「前を見ていなかった」と供述している。

警察庁によると、運転中にポケモンGOで遊んでいたことが原因とみられる交通死亡事故は初めて。

県警によると、美容師中西幸子さん(72)=徳島市北山町=が頸椎(けいつい)損傷などにより病院で死亡が確認され、パート従業員井川佳代子さん(60)=同=が肋骨(ろっこつ)などを折る重傷を負った。2人は散歩中で、道路を横断していたところ、走行して来た五王容疑者の軽四ワゴン車にはねられた。

現場は片側1車線の直線道路で、信号はなかった。五王容疑者は仕事を終え帰宅する途中で、事故当時、時速50キロ程度で走行していたとみられる。県警は容疑を過失運転致死に切り替え、詳しい事故の状況を調べる。

シェアする

フォローする