PM2.5で100万人近く早死にか=2013年の中国

中国で問題になっているPM2.5。今すぐ対策が必要であるにもかかわらず腫れ物に触らぬように避けられ、現状維持になっているのが現実。風向きによっては日本もこの影響を受けることがありますね。天気予報でもPM2.5が飛んでくるときには注意報で洗濯物などを外に干さないように警告がでるくらいです。車は砂ほこりのようなものが積もり、すぐに汚れてしまいます。これだけのことが遠く離れた日本でも被害として出ているのです。現地の中国はこれの何倍も被害が出ていることになります。死をも早める原因となっているのであれば、早急に対策が必要です。

image

【北京時事】中国の清華大学と米研究機関は、2013年に中国で微小粒子状物質PM2.5が原因で推計100万人近くが早死にし、このうち4割が石炭燃焼による大気汚染が関係しているとする調査報告書をまとめた。

19日付の中国紙・21世紀経済報道が伝えた。

報告書によると、PM2.5の影響で死亡したと推計されるのは91万6000人。対策を講じなければ、30年時点で年間最大130万人が犠牲になると警鐘を鳴らしている。

大気汚染の主な原因は、発電所や工場などでの石炭使用と自動車の排ガスとされる。報告書は「13年は36万6000人が石炭燃焼による早死に」と分析し、大気汚染を引き起こす最も大きな排出源と位置付けた。ただ、「実際には明確に区別するのは難しい」(医療関係者)との指摘もある。

シェアする

フォローする