マクドナルド売上高、6カ月連続でプラス 「ファミリー層が戻った」

自分ひとりでは中々赴くこともないので、どうしても付き合いある人間が乗り気でないと行く機会も減ってしまいますけど…。まさか復活の兆しが見えていたとは驚きです。まあ写真で見ても肉の薄さが目立ちますが、全長この高さを前提で出てくるならば、写真としては美味しそうに見えますね。むしろ店内で食べるならこのようにお皿に乗って来たほうが美味しそうに感じます。まあ包装を捲って食べる方が楽なのは間違いありませんが。ともあれたまにあのジャンクなポテトを食べたくなるので、店舗自体がこれ以上減らずに済みそう(?)なのは助かります。ファミリー層が戻ったと言うのは時間の流れとドライブスルーの利便性と、アニメの間にちゃっかりハッピーセット情報とともに誘惑したってところなのでしょう。


 日本マクドナルドホールディングスが6日発表した5月の既存店売上高は、前年同月比21.3%増と6カ月連続でプラスとなった。「クラブハウスバーガー」や「ロコモコバーガー」といった比較的単価の高い期間限定メニューが人気だった。

 客数は7.0%増で5カ月連続、客単価は13.3%増で6カ月連続でそれぞれ前年を上回った。昨年は相次いだ異物混入問題の影響で既存店売上高が大きく落ち込んだが、今年に入ってからは「ファミリー層が戻ってきている」(同社)と回復基調が続いている。

シェアする

フォローする