SMAPの窓口I氏不在で想像以上に混乱/連載5

SMAPの活動がうまくまわらなくなったのには、陰で彼らを支えてきた女性マネージャーの存在が大きかったようです。以前のSMAP解散報道で問題になた責任をとるために、女性マネージャーは退社という形になりましたが、これにより今までスムーズに仕事の架け橋をこなしてきた人物が不在のため、仕事を依頼する側も困惑したようです。特に頼りにしていた草なぎ、香取、稲垣は彼女が抜けた後は仕事への積極性が失われたとされています。いなくなってみて初めて気付くと言いますが、彼女の存在は想像以上に大きかったという事でしょう。

image

<SMAP解散の真相(5)>

1月に表面化した解散騒動の責任を取り、SMAPのプロデュースを手掛けてきた女性マネジメント室長I氏は同月、退社の意向を示した。現場の混乱を避けるためSMAPの仕事現場から姿を消した。

当時、SMAPが個人やグループで出演するテレビやラジオの番組は計22本。ドラマ、映画、CM、イベントも加えるとさらに膨大で多岐にわたった。長年SMAPの仕事を取り仕切り、全てを知り尽くすI氏の不在は想像以上の事態を引き起こした。

2、3月は公式ファンクラブの会報や更新手続きの通知が遅延。I氏との強い信頼関係で契約が成り立っていたスポンサーは今後を話す相手がおらず、困惑した。新規で仕事を依頼しようにも「窓口はI氏」とされたそれまでの常識が通用せず「誰と話をしていいのか」と戸惑う関係者も多かった。毎年のように出演した稲垣吾郎(42)の舞台企画も白紙のまま。新規の仕事が決まりにくい状態が続いた。

SMAPは事務所内では別格扱いで、仕事が決まるまでの流れやプロデュース方針はI氏だけが掌握していた。仕事依頼が届くと直接メンバーと話し合い、即断即決もあり得た。プロデュースを引き継いだ事務所スタッフは、現場マネジャーと1つ1つ話し合いながら、事務所幹部が最終確認した上で決めていく形をとるしかなく、どうしても時間や手間がかかる。I氏が担ってきたメンバーとのコミュニケーションも、スムーズな形で引き継ぐことができなかった。

メンバーも、よき理解者で相談相手だったI氏の不在は大きかった。特に依存度の高かった稲垣、草なぎ剛(42)香取慎吾(39)の3人は孤立感を抱えるようになったとみられ、仕事に対する積極的な提案もしなくなった。

周囲もグループ内の不協和音と、事務所側との微妙な関係を感じ取っていた。グループ唯一のレギュラー番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」の関係者は外部の業界関係者に対して「(メンバーと事務所の契約更新時期にあたる)9月以降は番組に何が起きるか分からないから、大物ゲストのブッキングは控えてほしい」と内々に伝えていた。

1月の解散騒動、そしてI氏の不在によって狂い始めた現場の歯車。解散発表までの半年間、SMAPは先の見えないグループとして毎日を過ごしていた。

※なぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀

シェアする

フォローする