佐々木絵美



イジメて視線につい手が出てしまう…はゼッタイ駄目。しかもこの場合は明らかに踊らそうと思案している素振りが見えます。

何でしょう、この男の供述を聞いていると、自分は間違っていないって意味にも取れてしまいます。嫁さんの通報と言うのは案外身を守るための行動だったのかもしれませんね。でも純粋に旦那よりペットの方が大切だったって可能性も捨てがたい。そもそも飼い犬が無駄に吠えまくるのは躾がなっていないから。これは普段から虐待を加えているなど、妻がどういう扱いをしているかは分かりませんが、この男は飼い主としてではなく外敵と思われているのかもしれません。暴力団関係者と言うことで色々別件にて根掘り葉掘りで暫く出て来れないと良いですね。逆に直出てくると奥さんの身が危険です。


ほえた小型犬を蹴る 容疑で暴力団組員を逮捕、小型犬死ぬ/大宮西署

 埼玉県の大宮西署は6日、動物愛護法違反の疑いで、さいたま市大宮区三橋1丁目、指定暴力団住吉会系組員の男(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は3日午前8時ごろ、男が自宅で飼育する小型犬(3歳、雄)を足で蹴るなどして虐待し傷付けた疑い。犬は虐待後に死んだ。

 同署によると、死んだのはプードルとパピオンのミックスで体長約50センチ。男は、犬がほえたことに怒り、ケージ内の犬を足で2回蹴り、犬が入ったケージを床にたたき付けた。犬は腰や首の後ろを強く打ったという。男は「やったことは間違いない」と容疑を認めているという。

 男の妻の通報により事件が発覚した。男宅で飼われている他の2匹の犬に危害はないという。

シェアする

フォローする